Home > 日本スポーツ学会とは > 設立目的
設立目的

日本スポーツ学会の目的

全国のスポーツ団体や個人との情報ネットワーク化を図り、情報の収集・提供を行う。
② 
スポーツ文化に関する外国における活動との連携を図る。
③ 
スポーツ情報についての会報(ニュース・レター)を発行し情報の提供を行う。
④ 
定例研究会を催しスポーツ文化についての研究や普及を行う。
⑤ 
公開講演会等を実施することにより、スポーツに対する関心を広める。
⑥ 
自治体との連携により、地域における各種スポーツ活動、および学校・PTA等の実施するスポーツ活動等に対し講師等(実技指導、メンタル指導を含む)を派遣し支援を行う。
⑦ 
あらゆるスポーツ活動による事故に対する相談や問題解決を行う。
⑧ 
スポーツに関する資料や文献を保存するスポーツ博物館や図書館の建設を促進する活動を行う。
⑨ 
その他、日本のスポーツの振興にかかわる活動を行う。

お問い合わせはこちら
ページのTOPへ戻る