会則

会則

日本スポーツ学会(スポーツ・ネットワーク)会則 

第1条 本会は日本スポーツ学会(スポーツ・ネットワーク)と称する。

第2条   本会は、「スポーツ・フォア・オール」の精神に基づき、スポーツは人類共通の文化であるとの認識のもとに、スポーツ文化についての研究を行い、あわせてわが国のスポーツ情報について、さまざまなスポーツ団体や個人と協力して、スポーツ情報のネットワーク化を推進し、スポーツ文化の発展と向上に寄与することを目的とする。

第3条  本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
1. スポーツ情報について、すでにあるスポーツ団体相互の連携を密にし、 情報の集収や提供を行い、各スポーツ活動をより円滑に促進し、助成する。
2. 海外におけるスポーツ文化活動との連携を深め、情報のネットワーク化を図る

3. スポーツに関する研究成果、および収集したスポーツ情報については、 定期的に発行する会報、ニュースレター等により公表する。

4. 定期的な研究会の実施によりスポーツ文化についての研究を行い、その成果を公開する。
5. 講演会等の実施によりスポーツについての関心を深める。
6. 自治体との連携により、地域における各種スポーツ活動、および学校・PTA等の実施するスポーツ活動等に対し講師等を派遣し支援(実技指導、メンタル指導を含む)を行う。
7. あらゆるスポーツ活動による事故に対する相談、および問題処理を行う。
8. スポーツに関する資料、文献等を保存するスポーツ博物館や図書館の整備充実および 建設活動を行う。
9. その他スポーツの振興に関わる活動を行う。

第4条  本会の会員、本会の目的に賛同し、所定の会費を納入した者とする。なお、会員はA会員、B会員、賛助会員、名誉会員とする。

第5条  本会は。適正かつ円滑な運営のために、次の役員を置く。役員は、代表理事及び運営理事による運営理事会の選考に基づき、総会で承認する。役員の任期は1期2年とする。ただし、再任は妨げないものとする。
.代表理事は本会を代表し、会務全体を統轄する。
.運営理事は代表理事を補佐し会務の円滑な運営を図る。
3. 理事は運営理事とともに会務の適正化を図る。
.監事は会務全体の監査に当たる。

第6条 運営理事会で会務推進の方針を決め、実行計画の企画立案を図る。
第7条 本会の定期総会は年1回とする。ただし、必要があれば臨時総会を開くことができる。
第8条 本会に事務局を置く。事務局は理事会の委任を受けて日常業務を担当する。
第9条 本会の会計年度は、4月1日より翌年の3月31日とする。
附則  
1.
本会則に規定のない細目は運営理事会の協議により決定する
2.
会費  A会員(一般会員) 年間6000円
B会員(通信会員) 年間3000円
賛助会員       1口50000円
名誉会員       会費の免除
3.事務局 
埼玉県所沢市三ケ島2の579の15
早稲田大学スポーツ科学学術院 太田章研究室内
に置く。
なお、大学休業期間等を考慮し、連絡所を
東京都豊島区東池袋五の四の四に置く。

本会則は、1998年4月1日施行
2003年4月1日一部改訂
2009年4月1日一部改訂
2011年4月1日一部改訂
2016年4月1日一部改訂 

お問い合わせはこちら
ページのTOPへ戻る